エネルギーという名前と解釈

今日はちょっと固めの文章でいこう!
ふと、湧いてきた言の葉です。

 

 

 

人体にはエネルギーが流れている

というのは正確ではない

「流れているもの」あるいは「流れがあると仮定したこと」あるいは「流れている状況そのもの」
それらに「エネルギー」と名をつけているだけにすぎない。

だから多種多様な呼び方が存在する。
だから多種多様な解釈が存在する。

どれも正確ではないが、ハズレでもない。
どのように見て、どのように納得しているか、である。

つまり何が言いたいかと、、
深く、難しく考えなくていい
ってことだ(笑)

みんなそれぞれ、
好きなように名付けて解釈しているだけだもの。

あなたはどの見方を選択し、そして変化させていくのか。
その時、他者は決して別の方向を向いているのではなく、別のの見方・解釈をしたからだ、ということを忘れてはならない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA